概要

マヤ暦占星術は、星占いの1つです。約5千年前に繁栄した古代マヤ文明の時代、マヤの先住民は天文学にすぐれ、星の流れを正確に読みとり時間という概念を作りました。そして、その星の流れを暦に体系化したものがマヤ暦です。

占いでは、マヤ文明から伝わるいくつかある暦の中で、神事やそれにともなう儀式に使われていた暦、『ツォルキン』を使います。古代マヤ人は、宇宙には20人の神様・紋章と、13の銀河の音の組み合わせにより、260の宇宙のエネルギーが毎日降り注いでいると考え、その1日1日を『KIN』と呼びました。

『KIN』を宇宙で刻印してきたIDナンバーとし、生まれた日の宇宙のエネルギーの影響がその人の生涯にわたって影響すると考え、占いとして使われています。これにより、生まれ持った才能や人生のテーマ・目的、才能、向いている職業、恋愛観、健康など様々な側面を知ることができます。